風俗で性癖全開

惰性ではないんです

これだけ長く風俗で遊んでいる自分ですけど、それでも一度とて惰性で遊んだことはありません。毎回明確な意思を持って、つまりは自分で「風俗で楽しみたい」という意識を持つようにしています。それがまたとっても素晴らしいというか、楽しい部分でもあるんですよね。特に感じるのが、風俗って基本的にとっても楽しいじゃないですか。でも、どんな楽しさが待っているのかは相手の存在もあれば、自分自身の気持ちもあると思うんですよ。いろんなことによって楽しさを彩るパーツが出来上がっていくと思うんですけど、自分の場合、リアリティですね。臨場感のあるプレイの方が燃えるんです。だから「風俗に遊びに来ました」よりも、プライベートで会っているんじゃないかと錯覚させられるような時間が好きなので、デリヘルとか好きですよ。デリヘルだとホテルでのプレイになるので、結果的にプライベートっぽいじゃないですか。女の子だって私服だし、やっぱり燃えますよね。

探す喜びが分かってきた

特定の風俗で遊ぶのではなく、いろいろなことで遊ぶ。それが面白いってことに気付かされました。それまで自分は割といつも同じ風俗で遊ぶ傾向があったんですけど、最近は風俗の世界にも慣れてきたので、もっともっといろんなことを楽しんでみたいなってことで、それまで遊んだことがないジャンルで楽しむようになったんです。まずこの前、ソープに行ってきたんですよ。そして次は性感マッサージ。さらにはピンサロ。ざっと二か月でこれだけいろいろなジャンルの風俗で遊んだのは初めてなのは言うまでもありません(笑)これらはどれが優れているとかって話ではなくて、それぞれ違う楽しさがあるってことに気付かされたんですよ。だからこそ、風俗はもっともっといろんな可能性が秘められているのかもしれないなって。まだまだ自分は風俗で歩き始めて間もない段階なので、更にいろんな女の子と遊んで、自分には何が合っているのかを模索していきたいなって(笑)