風俗で性癖全開

錯覚することは幸せですよ

一か月ほど前が一番最近の風俗なんですけど、その時のプレイがとっても面白かったんです。相手のWさんは綺麗な美人系風俗嬢。会社に居たらきっと誰もが憧れる存在になっているであろう雰囲気の美人風俗嬢だったんですけど、そんな彼女ですが、職場の上司に少し似ていたんですよね(笑)上司ではないんです。そのくらいは分かっていますけど、でも角度によっては上司なんじゃないかって錯覚させられるくらい似ていたんです。だからこそ興奮しました。やっぱり途中で「上司に似ているな」と上司のことを思い出しちゃうんですよね。風俗って気持ちも大切じゃないですか。だから上司に似ているって思ったら、こっちの興奮もより高まっていきました。上司にいろいろなことをしてもらっている…そう錯覚したら、まずますこっちの快感も高まっていったんです。それに、やっぱり上司との時間って想像でしかないだけに、イマジネーションが爆発して楽しい時間になったかなって。

風俗に対して、お金は関係ない

どちらかといえばケチだなってことくらい自覚していますけど、それでも風俗だけはあまりケチケチせず、自分の楽しみたいスタンスで楽しむようにしているんですよね。その方が後悔しないじゃないですか。むしろその方が自分自身も納得出来るんじゃないかなって思いが強いんです。それに、風俗ってお金と満足度はある程度比例する部分もあると思うんですよね。安い風俗を否定するつもりはないんですけど、ただ高級感を売りにしている風俗って、基本的に女の子のレベルが高いじゃないですか。だから満足を求めるのであれば、ケチケチするのではなくてレベルの高い風俗嬢を選んだ方が手っ取り早いし、後になってあれこれ思うようなこともないんじゃないのかなって思うんですよね。クーポンとかメルマガで割引の情報くらいは確認しますけど、ある程度比例するってことくらいは自分でも考えるようにして、ケチらずに楽しむよう心掛けるようにはしているんですよね(笑)