風俗で性癖全開

幸せな時間はそこにあった

幸せな時間は風俗です。彼女じゃありません、松山デリヘルを利用しました。彼女といても、幸せじゃないとは言いませんけど、そこまでじゃなかったんですよね。結局大人として恋人と付き合っている以上、体の相性だって大切だと思うんですけど、はっきり言って彼女との体の相性はあまり合っていないかなって思っていたんです。それだけに、心からの幸福感のようなものはないんです。彼女としていてもなんとなく義務感のようなものが強かったですしね。でも風俗では自分の欲求を心から満たすことが出来ているような気がするんですよね。それが何より嬉しいものじゃないですか。それで最近では風俗を思う存分楽しませてもらえているんじゃないかなって。自分でもちょっとした驚きですけど、でもそれくらいで丁度良いのかもしれません。むしろこれだけ風俗の方が気持ち良いとなると、彼女の存在意義そのものが自分の中で消えつつありますので、これから彼女との付き合いも考え直さないとですよ。

デビューしたのはデリヘルでした

風俗に興味があっても、利用にまでは至っていませんでした。厳密に言えばお店の近くまで足を運んだことはありましたけど、入店する勇気がわかなかったんですよね(苦笑)本当にあと数歩歩けばお店の中ってところまで入ったんですけど、最後の一歩がどうしても無理でした(苦笑)初風俗の自分にとっては、その数歩のハードルが高すぎましたね。でも、この前呆気なく風俗デビューしちゃいました。デリヘルですよ。電話するだけでいいんですね。それならあれだけ悩むことなく、初めからこれで済ませておけば良かったなって思いました。とにかく電話するだけですべてが解決。他にあれこれ考えるようなこともなく、電話さえすれば後は自分であれこれ考えるようなこともなかったんです。これだけ楽ならというか、お店まで入るということもないので、風俗はデリヘルで決まりですね。実際人気もあるみたいですけど、その気持ちもよく分かるなって思ったくらい、楽でした。